居抜を買いたい!

居抜とは?

「居抜」とは、以前のお店が使っていた厨房機器やエアコンなどの設備、椅子やテーブルなどの家具、壁や天井・カウンターなどの造作がそのまま残っている物件を指します。

空き店舗のそのままの状態で借り受けることを指します。

メリット:内装が残っているので造作費が安く済むことが多い。
デメリット:内装が使えないときは、修理・補修・交換・処分等は全て借主の負担になることが多い。
※他にも物件によってさまざまなケースがありえます。

現在営業しているお店から権利や備品などを買い取ることを指します。

買主(居抜物件の新しい借主)は、これらの設備や造作を売主(前経営者)から買い受けることで、開業における初期費用を抑えたり開店までの準備期間を短くすることが出来ます。

マミー不動産では、お店を閉められる方にとっても、また、店をお探しになっている方にとってもメリットが大きい居抜取引をお手伝いさせて頂いています。 ※居抜売買に伴う手数料が必要です

居抜物件の一覧を見る

居抜の売却をお考えのお客様はこちら

居抜の現実

飲食店の居抜物件が少ない!

ほとんどの飲食店は、オーナー様との契約で「退去時には内装・設備などを撤去し、元の状態にして戻すこと」という原状回復義務が定められています。
そのため、退去が完了してしまうと居抜設備は無くなってしまいます…。

居抜条件がある

居抜は、前経営者より内装・造作諸設備を買い受けることになります。
つまり、価格交渉は避けて通れません。
私たちは、居抜について買主・売主双方ともに喜んでいただけるよう、適正価格を買主・売主双方にアドバイスさせて頂きます!
また、価格交渉や、残置の交渉等の立ち会い・代行等もさせていただきます。

居抜実績

私たちは四日市を中心に多くの飲食店の開業に立ち会わせて頂いてきました。
その反面、お店を閉められる方もあります。
閉められる方にも、開ける方にも喜ばれる取引を無事に最後までお手伝いさせて頂いてきました。

居抜物件の一覧を見る

居抜の売却をお考えのお客様はこちら

Copyrights © 2001-2017 有限会社マミー不動産~四日市の賃貸・居抜き物件・店舗をお探しなら! All Rights Reserved.